FC2ブログ

ほどくのも難しい

2018.11.21 08:42|編んでます。
教室では 編むのは大変だけどほどくのは一瞬だわぁ. . . .
って言葉を時々聞きますが ほどくのが大変な物もあります。
 
イギリスゴム編みのロングカーディガンを編んだときに
1着目は襟と袖の形が良くなかったため
2着目以降は改良したものが商品になりました。
 
1着目をこのままにしておくのはもったいないので襟と袖をほどくことにしました。
 
実はこの1着目はK先生が編んでくださったものです。
襟をほどきかけてびっくり!
 
襟がゴム編機で編んである!
 
普通は見頃から拾い出してゴム編みを編みます。
ゴム編機の場合はえりの上部から見頃に向かって編みます。
見頃の襟ぐりと重ねて縫い合わせます。
 
そのことに気が付くまで いくら頑張ってもほどけませんでした。
仕上がりを見るだけでは気が付かない技術が使われていて勉強になりました。
 
 
襟がやっとほどけたので 次は袖です。
 
 
この糸を切ります。ドキドキ
ほどく1
 
袖は 肩から袖口に向かって編んでいます。
切ったのは肩線の袖側です。
 
あら? 思うようにほどけない。
もう一段下が正解だった?
ほどく3


もう一段下の糸を探し出して切りました。
ほどく2
 
今度は正しくほどけるようになりました。
ほどく4
 
ここで新たな発見がありました。
見頃から拾って袖を編んでいると思い込んでいたのに
別編みの袖を縫い付けていました。
縫い付けなのか拾い袖なのか見わけがつかないくらいきれいに縫ってあったのです。
K先生 すごーい 
 
 
組み立てがわかるとほどきやすくはなるのですが
なにしろ アルパカモヘアのふわふわ糸なので 繊維が絡んでさらっとほど、けてはくれません。
一目一目縫い付け糸を抜いてます。
 
 
襟と袖は新しい糸で編むので 問題はないはず。
ただし ゴム編機を使うので難易度は高いです。 
 
 
 
にほんブログ村
 ↑ ブログ村ランキングに参加しています。
    クリックしていただけるとうれしいです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2018.12 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

製図、デザイン、製作のすべてにこだわり 着やすく美しいニットウェアを目指しています。 オリジナルデザインの小物作りも大好きです。 あみものサークル ひつじのしっぽ、Knittingroom DOTで手編みと機械編みの指導をしています。

あみもの仲間 募集中

あみものを楽しみながら 着やすく美しい服を作ります。 マフラーやバッグなどの小物も作れます。 お問い合わせはメール、または教室へ直接お越しください。          knittingroom.plot@gmail.com このブログのメールフォームもお使いいただけます。         

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Plotのリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

ブログ村

QRコード

QR

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ