困ったなぁ・・・

2018.06.10 15:13|編んでます。
アルパカモヘアフィーヌのロングカーディガンを編んでいます。
 
後見頃はゆっくりゆっくり進んで編みあがりました。
丈が長いので編んでも編んでも終わらない感じでした。
 
前身ごろは前立てを一体に編んでしまおうと考えてました。
メリヤス部分の裾は折り返しにしたので 1目ゴムの作り目をどこからどう作ればよいのやら???
 
ずいぶん考えて まずメリヤス部分の裏見返しを編んで目を休めておいて
1目ゴム編みの作り目をします。
メリヤス部分とゴム編みを一度に編んでいきます。

編機に目をかけたまま 作り目をするので 落とさないように慎重に進みます。
操作がたくさんあるので うっかりミスが出て何度もやり直しました。
うっかりミスの一番多いのは ゴム編みの端目を一段おきにすべることです。
手編みだとなんてことはないのですが 編み機だと目を出したり引っ込めたり結構面倒なんです。
 
ようやく手順が定着してうまく編めるようになりました。
糸さえもつれさせなければこのままいけると確信が持てました。 
 
 
ところが!!!

夜、作業を終えて 編地から重りをすべてはずし、編機に目を残したまま一晩置きました。
朝になったら メリヤスとゴム編みの境界あたりで折れ曲がっていました。
2アモ
 
上のほうは編機にかかっているので折れませんが裾のほうはしっかりと折れています。
ロングカーディガンなので裾のほうはボタンがありません。
着用したら前立てが内側に折れてしまう

アイロンをかければとりあえずまっすぐになるとは思います。
化学繊維が多い糸はアイロンをかけたとおりに固定されることが多いです。
アルパカモヘアフィーヌはアクリルが35% ほかはモヘア、アルパカ、ウールの自然素材です。
自然素材が多いといくらアイロンをかけても  だんだんと糸にかかっている力の方向に戻ってしまいます。

アクリル35%に頼ってみるか  
ほどいて前立てを別編みにしてとじつけるか
選ばないといけなくなりました。
 
  
このブログを書いていて答えが出ました。
 
ほどいて前立てを別に編みます。
編むのに時間がかかるし 糸が痛むのでほどきたくなかったのですが
仕上がりが良くない可能性があるのに そのまま進むのはダメですよね。
すぐにほどくことにします。 
 
 
週末までに大体編めてしまう予定だったのに なかなか手ごわい作品になりました。
 
 
 

 

にほんブログ村
   ブログ村ランキングに参加しています。
   クリックしていただけるとうれしいです。


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2018.06 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

meemee-mama

Author:meemee-mama
Plotは 全日本編物教育協会所属の指導者です。
講習会を開いたり 検定の受験を指導しています。
編物を楽しむ仲間を増やすことを目指しています。

ウエアや小物などの販売をしています。
 
 

あみもの仲間 募集中

全日本編物教育協会・兵庫支部の審査員が指導する教室です。 あみものを楽しみたい方、資格を取得したい方はぜひお越しください。 お問い合わせはメール、または教室へ直接お越しください。          knittingroom.plot@gmail.com このブログのメールフォームもお使いいただけます。         

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Plotのリンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

ブログ村

QRコード

QR

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ